体の冷えを改善できる美容に効果的な蒸し乾燥生姜とは?

体の冷えは冷え性やむくみの原因になります。むくみがひどくなると体内での代謝効率が低下するので、基礎代謝、新陳代謝ともに低下して、肥満の原因になりやすくなります。冷えは女性特有のものというイメージがありますが、最近では男の病気にもなってきています。

冷え性はそのまま放置すると肩こりや腰痛、便秘、頭痛など様々な症状を悪化させる恐れもあるので、早く改善するべきなのです。ここでは冷え性や血行不良に効果的な蒸し生姜について説明します。

【蒸し生姜とは?!】

蒸し生姜とは生姜を蒸して乾燥させたものであり、血行促進に効果的で代謝をよくすると言われています。生の生姜にはジンゲロールと呼ばれる辛み成分が含まれています。このジンゲロールは、殺菌作用がありますが熱が加わることによって、体を温める作用が出てくるのです。

ジンゲロール自体が熱によって変性し、ショウガオールと呼ばれる成分に変化していきます。このショウガオールを積極的に取り入れることで体は深部から温まり、新陳代謝、基礎代謝が高まり促進されるのです。

またショウガオールは血行促進の他、抗酸化作用もあるためアンチエイジング効果にも優れています。シワ、シミ、たるみなどの肌老化にも有効です。

【蒸し乾燥生姜は保存もしやすい】

生姜は生のまま摂取すると内臓が冷えてしまって血行促進するどころか冷え性を助長してしまいます。そこで体を温めるためには熱を加えた生姜がおすすめなのです。特に生姜は蒸した後に乾燥させることで、代謝をよくするショウガオールの成分量が急激に増加し、効果も高まります。

蒸し乾燥生姜の作り方はとても簡単で、スライスした生姜を蒸し器に入れて蒸し、天日で1日乾燥させるだけでOK。どんな飲み物、料理にもあうので手軽に生姜を取り入れることができるのです。

【オイルに保存すれば持ちもよい】

蒸し乾燥生姜はオリーブオイルやごま油などのオイルに漬けこんでおくことで日持ちするので、保存もしやすくなります。このオイル漬けごとドレッシング、パスタ、炒め物などに使用すれば、蒸し乾燥生姜も使いやすく、料理のレパートリーも増えていきます。また湯船に生姜を入れるのもOK!

お風呂に入ってゆっくりリラックスすることで血行がよくなり、肩こりも改善されるはずです。蒸し乾燥生姜で冷えを改善し、むくみや下半身太りを改善していきたいですね。